妊娠線予防はいつからしたらいいの?

妊娠線の予防って具体的にはいつから始めたらいいのかわかりませんよね。つわりのひどいときにはしたくないし、かといってお腹が大きくなってしまってからと手遅れだし、、、
妊娠線予防に早すぎという言葉はありません!

 

妊娠線の予防が必要なタイミングに早すぎということはありません。妊娠線予防は早ければ早いほど効果を期待することができます。

 

妊娠線は赤ちゃんが成長することによってお腹や足の皮膚が引っ張られてしまい、それに耐え切れなくなった皮膚が裂けてしまう為にできてしまうものです。これを予防するためには、お腹のふくらみに耐えれる肌を作っておく必要があるんです。

 

妊娠時の肌は乾燥しがちで肌自体に元気がありません。乾燥して元気のない肌が引っ張られたらそりゃあ肌が裂けてしまうのも納得してしまいますよね。肌が裂けない為には、お腹のふくらみに耐えれるだけの肌を作っておく必要があります。そのために重要になってくるのは、妊娠してからどれだけ早くケアを始めるかということです。あるモデルさんは妊娠がわかった時点から妊娠線のケアをしていたそうです。早めからのケアが良かったのかそのモデルさんには妊娠線ができませんでした。このことからも早くからのケアが大事だということがわかりますよね。

 

早めの予防といってもただ肌を保湿しているだけでは意味がありません。肌が赤ちゃんの成長に耐えれるように肌を成長させていかなければならないんです。そのそのために必要になってくる成分は肌に元気を与える美容成分と肌自体を活性化させターンオーバーの手助けをしてくれる成分です。こういった成分の入っているクリームで予防のケアをしていると肌がもちもちとした元気のある肌へと変化していきます。

 

イキイキとした肌は、多少引っ張られたくらいで裂けることはありません。赤ちゃんの成長に負けない肌を作り上げる為にも妊娠線予防は早い段階から行いましょう。