MENU

妊娠線クリームとドラッグストアの保湿クリームの違い

妊娠線予防はドラッグストアのボディクリームじゃできないの?

ドラッグストアで市販されているボディクリームや保湿クリーム、妊娠線の予防が出来るかちょっと不安。そんな悩みを抱えているママさんって多いのではないでしょうか。市販されているボディクリームでも予防出来ない訳ではありません。でも予防するなら妊娠線専用の予防クリームがオススメです。市販のボディクリームと専用クリーム、どこが大きく違うのか比べて見ましょう。あなたの悩み事が1つ減るかもしれませんよ。

妊娠線の予防で大切な事

妊娠線は、妊娠によって皮膚の表面が急激に伸びる速さに、真皮や皮下組織が
ついて行くことが出来ず、断裂を起こしてしまって出来るものです。また妊娠中に分泌量が増える副腎皮質ホルモンのコルチコステロイドの影響で肌のターンオーバーの働きが抑えられて、肌の弾力を低下させてしまう事も妊娠線の原因と言われています。これらの事より妊娠線を予防するには、肌の弾力を保つ為の保湿ケアが大きな役割として大切な事になります。

ドラッグストアのボディクリームと妊娠線予防クリームの違い

妊娠線を予防する為に大切な事は保湿ケアという事はお解かり頂けたと思います。そこでドラックストアで市販されているクリームと専門の妊娠線専用のクリームを比べてみましょう。
ドラッグストアで市販されているボディクリームや保湿クリームは乾燥した肌の表面をしっかりと保湿出来ます。更に手軽に買い求める事が出来るので、惜しみなくクリームをたっぷりと肌に塗る事が出来ます。しかし妊娠線の根本的な原因である真皮や皮下組織には残念ながらアプローチする事は出来ません。あくまでも皮膚の表面のみの保湿ケアとなります。それに比べて妊娠線専用の予防クリームは保湿力が高く、浸透力もあり肌の奥にある皮下組織までアプローチする事が出来ます。皮下組織にアプローチできるということは、コルチコステロイドの影響で低下した肌の弾力を保つケアができるということです。また肌に優しい無添加、低刺激であり更には美容成分も配合されております。妊娠線専門の予防クリームは、妊娠線の根本的な原因の皮膚の奥底にある肌細胞に働きかけて、妊娠線を予防する保湿ケアをしてくれます。ドラッグストアで市販されているボディクリームや保湿クリームと妊娠線専用の予防クリームは肌の表面のみを保湿するものと、妊娠線の原因である肌の奥底の組織にアプローチして予防するという点で大きな違いがあります。この事より妊娠線専用の予防クリームの方が市販のボディクリームや保湿クリームより妊娠線を予防する効果があると言えますよね。

ドラッグストアのボディクリームでは妊娠線は予防できないの?

ドラッグストアで販売されているボディクリームや保湿クリームには沢山の種類があります。そのどれもが妊娠線専用のクリームに比べると浸透力が弱く肌の表面しか保湿する事ができません。しかし、表面的な肌の保湿はできるのである程度の妊娠線予防効果は得られます。ただ、あくまで表面上でのケアとなるので肌内部のケアができないので予防効果としては薄いものとなります。

保湿クリームを妊娠線予防に使用する時には注意点もいくつかあります。市販のボディクリームは長く使えるように、パラベンなどの石油系成分や合成界面活性剤、合成香料、添加物も入っているものも少なくありません。それらは肌を通して赤ちゃんに影響しないとも限りません。それらの事を考えると、お腹の赤ちゃんに影響を与えないように考えられた成分を配合している、妊娠線専門の予防クリームを使用する方が安心できるのではないでしょうか。妊娠中はホルモンなどの関係で些細な事で不安になったり悩んだりしてしまいます。
その不安や悩みを少しでも取り除く為に妊娠線の予防には、専用の妊娠線予防クリームをご使用になるのが良いのです。