MENU

妊娠中のかゆみは何が原因?

妊娠線ができてからお腹が痒いと悩まされているママさん達、お腹の痒みなんとかしたいですよね。妊娠中にお腹が痒くなるのは、妊娠線だけが原因じゃなくホルモンバランスの乱れだったり妊娠中にできる湿疹が原因の場合もあるんですよ。そんな妊娠中に起きるお腹の痒みの原因と対策方法を今からしっかりとお伝えして行きます。是非参考にしてみて下さいね。

妊娠線が原因のお腹の痒み

赤ちゃんが成長する事でお腹の皮膚が急激に伸びて、皮膚の内部にある真皮と皮下組織がそれについて行けず裂けてしまいできるのが妊娠線です。妊娠線ができる時はこの皮膚の内部にある真皮と皮下組織が裂ける時に、ピリピリと痛いのが痒いと感じてしまい気づいたら妊娠線ができていたと言うことも多いようです。妊娠線が原因の痒みは、皮膚の内部で裂けてしまった部分がかさぶたになった時に痒みが発生します。また伸びてしまった皮膚は薄くなり敏感になっている為、妊娠線が出ている場所は衣類の摩擦だけでも肌が刺激されて痒くなってしまいます。更に妊娠中はホルモンのバランスが乱れる事により、肌のターンオーバーまで乱れてしまい肌が乾燥してしまいます。肌の乾燥は肌の潤いが不足している事なので痒みを悪化させてしまいます。肌の乾燥による表面の痒みと、肌の内側からくる痒みとで妊娠線による痒みは強いものになってしまいます。酷くなる前に早めの保湿ケアが必要です。

妊娠線以外が原因のお腹の痒み

妊娠中によるお腹の痒みの原因は妊娠線によるものばかりではありません。妊娠中のホルモンバランスの乱れによって起こると言われている妊娠中にできる湿疹があります。これは妊娠中にかかる可能性がある皮膚の病気で痒みもかなり強いです。妊娠中にできる湿疹には、湿疹などは全く出ずに全身が痒くなる妊娠性皮膚?痒症と妊娠初期〜妊娠中期に下肢を中心に湿疹ができて上に広がる妊娠性痒疹、そして妊娠後期にお腹に湿疹が出てくるPUPPPと呼ばれる3種類があります。
この妊娠中にできる湿疹は出産後には自然に痒みが治まりますが、かなりの痒みがある為、かきむしったりしてしまわないうちに早めに病院へ行くことが大切です。

またお腹の赤ちゃんの成長と共に子宮もどんどん大きくなります。そうなると
肝臓が圧迫されて胆汁の循環が上手く行かず溜まってしまいます。この様に
胆汁が体に溜まる事で痒みを発生させてしまう場合もあります。

妊娠中によるお腹の痒みの対処法

妊娠中によるお腹の痒みの対処法で一番大切な事は肌を乾燥させない事です。
つまり保湿をきちんとしてあげる事です。安定期に入る妊娠4ヶ月〜妊娠5ヶ月頃に妊娠線専用の予防クリームで保湿ケアを始めます。クリームで優しく肌をマッサージして潤いたっぷりの弾力のある柔らかい肌にしてあげましょう。

それから体はいつも清潔に保つようにする事です。妊娠中は体温が上がるので普段よりも汗をかきやすくなります。汗に含まれている塩分は皮膚に刺激を与えて痒みを悪化させてしまいます。なので汗をかいた時はなるべく日中シャワーでサッと汗を洗い流すようにすると痒みは少し落ち着くはずです。そして夜には温めのお湯にゆっくり浸かり体をリラックスさせてあげましょう。痒みでイライラした気持ちがきっと軽くなるはずです。

マタニティウェアや下着、腹帯などの直接肌に触れる物は肌に優しい天然素材を選ぶ事です。摩擦による肌の刺激が少なくなります。
そして最後に爪はいつも短くまるく整えておく事です。つい痒くてかいてしまっても皮膚に傷をつけてしまうリスクが減ります。但し痒みが治まらない場合は我慢せずにかかりつけの産婦人科に相談をして薬を処方してもらうか、皮膚科を紹介してもらいましょう。痒いというストレスは辛いものです。少しでも快適なマタニティライフを送る為に我慢はしないようにしましょうね。