保湿クリームは妊娠線クリームの代わりになる?

赤ちゃんの成長とと共に大きくなるお腹。赤ちゃんの成長はとても喜ばしいことですが、自分お身体が急激に変化していくことに女性なら誰しも不安を覚えるかと思います。そんな不安の一つの妊娠線。妊娠線を予防するのには保湿が大事だを言います。妊娠線予防は保湿クリームではいけないのでしょうか。

 

妊娠線予防は保湿クリームでは不十分です。

 

妊娠線を予防する為には、赤ちゃんの成長に耐えれるだけの肌を作っていく必要があります。そのために保湿はとても重要なことなのですが、妊娠線を予防する為には保湿だけでは足りないんです。

 

妊娠線はお腹のふくらみに肌が耐え切れずに裂けてしまうことが原因です。これは肌を保湿しているだけではどうにもならない問題です。保湿をして潤った肌を保つことは重要なのですが、肌の細胞ひとつひとつの成長を促してあげることが重要になってくるんです。

 

肌の成長を促してあげるといってもなぜそんなことが必要になるのでしょうか。
それは、お腹が膨らむということは肌が引っ張られてしまうということを考えてもらえばわかるかと思います。現状の肌が引っ張られて耐え切れなくなると肌が避けて妊娠線ができてしまいます。ですが、肌の細胞を成長させてあげることにより、隙間の少ない肌を作って引っ張られても耐え切れるだけの肌を作っていくんです。保湿しながら新しい引っ張られても耐え切れる肌を作ることにより、肌が裂けずに妊娠線ができるのを防げるということです。

 

妊娠線を予防する上で保湿は非常に大切なことです。人によっては保湿を行うだけで妊娠線ができない方もいます。ですがそれはすべてのヒトに当てはまることではありません。妊娠線のできる理由がわかっているのですから、それに合った対処をしてあげることが妊娠線を作らない結果につながるんです。